法事のマナー

スポンサードリンク

弔辞を頼まれたならば

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

故人と親しい間柄であると、法事での弔辞を頼まれることがあるでしょう。
マナーとして、依頼されたならばよっぽどの理由がない限り断らないようにするのです。

弔辞で何を言えばよいのかは一番悩める事のひとつでしょう。
大切なのは、故人の長所を述べたり、功績を讃えるとともに自分との関係性や思い出を入れることです。
自分の思いばかりが強調されないように、バランスを考えて書き上げます。
遺族に対する励ましや慰めの言葉も入っていると、尚更よいでしょう。
さほど長々と話すことは避け、2〜3分で終わらせられる内容にしておくことが、一般的とされています。
そして、繰り返す意味を持つ言葉は、決していれないように気をつけましょう。

弔辞を書く紙は巻紙か奉書紙に薄めの墨で書くのがマナーといわれています。
ところが、近頃は時代の流れも手伝い、便箋で白い封筒に入れたものでもよいようです。
封筒は、二重になっていない一重の封筒を用いるようにして下さい。
表には「弔辞」もしくは「弔詞」と書くようにするのです。
弔辞は、法事で故人へ語りかけるもんですが、遺族が保管しておくものなため、持ち帰らずに封筒に戻して祭壇に正面を向けて置くようにするのです。

もうひとつ、注意しなくてはいけない事があります。
それは、弔辞はあくでさえ遺族から依頼されるものであるということです。
自分から申し出ることはマナーとしてさほどよいものではありません。
ところが、どうしても奉読したい場合は、法事の前日までに遺族に申し出るようにして下さい。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル