法事のマナー

スポンサードリンク

ふくさについて

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

法事や通夜に香典を持って行く時、何に包んでいかれますか?
マナーとして香典は袱紗(ふくさ)に包むものとされています。
現在は、財布型のふくさもあって、入れて出すだけなため、難しくありません。

ふくさに香典を包む場合は、中央に置いた香典袋の右・下・上・左の順にふくさを折ります。
結婚式で祝儀袋を包む場合は、この逆で、左・上・下・右の順になります。

ふくさから香典を出す時のマナーも見てみましょう。
受付の方の目の前で、ふくさから香典を出すのは失礼な感じがすると思いますが、そうではありません。
マナーとして、受付の方の目の前でふくさをあけて、香典を差し出すのが正しいとされています。
勿論、香典袋の向きにも気をつけましょう。自分の方へ向けていたり、裏返っていないようにするのです。
受付がない場合は、遺族の方に直接手渡してもよいでしょう。

もしも、ふくさを持っていなくても心配は無用です。
そんな時は、受付の前へ進み出る前に、あらかじめバッグから香典袋を出しておけばよいんです。
家に小風呂敷があったなら、それを使ってもよいとされています。
剥き出しで、持参するよりは格好がつくのことと思います。

そして、法事用のふくさの色は地味な色であれば問題ないとされていますが、ふくさで一番 一般のものは、紫色のふくさです。
一見、派手にも思えますが、これが一枚あれば法事にも結婚式にも使えます。
もしも、お持ちでないのであれば、一枚常備しておくと便利でしょう。
数珠などと一緒に保管しておくことをお勧めするのです。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル