法事のマナー

スポンサードリンク

子供の法事について

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

お年寄りの法事では、お饅頭を配る地域があるのをご存知ですか?
私の住んでいる地域では、お年寄りの亡くなった年齢数のお饅頭を準備して、弔問客に配る風習があります。
そんな法事は、どことなくのんびりと、温かい感じを受ける場合があります。

ところが、子供の法事は、本当に悲しいもんです。
子供の法事にいく場合は、いつも以上にマナーに気をつけたいもんです。
たとえば、自分にも同じ年頃の子供がいる場合は、子供を連れて法事に行ったり、自分の子供の話題をすることは遺族の思いを考えれば、避けたいもんです。
ただし、子供の友人が亡くなった場合は、連れていってお終いのお別れをさせてあげましょう。
そして、ありきたりの決まり文句は、遺族の悲しみが増すだけになりますので、避けるようにして下さい。
遺族、特に両親にとっては、言葉をかけてもらうよりも、そっとしておいて欲しいというのが、正直なところことと思います。
法事に参列した時には、黙礼するのみにして、後日、落ち着いてから連絡をとってはいかがでしょう。

そして、このような場合、家族だけで見送りたいと考えるのは当たり前です。
密葬家族葬との連絡が入ったならば、参列は控えるのがマナーです。
お悔やみの電話などを入れて、喪家の意向をチェックしてみましょう。
可能ならば、後日にお参りに伺うのもよいでしょう。
その際の服装は、礼服ではなく平服にするのです。
もしもお断りをされたならば、無理に行くことはマナーに反するのです。無理強いはしないようにして下さい。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル