法事のマナー

スポンサードリンク

通夜・法事で注意したいこと

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

訃報の連絡が入ったならば、どのように行動したならばよいのでしょうか。
故人が親しい方であったり、御近所の方ならば、お手伝いすることがあると思います。
直ぐに駆け付けて、何かお手伝いができることがないか尋ねます。
マナーとして、駆けつける時には、エプロンなどを持っていくとよいでしょう。
人手が足りていれば、直ぐに引き上げても失礼ではありません。
一旦、家に帰り、通夜と法事に参列するようにするのです。

通夜に参列すると、通夜振る舞いでのもてなしがあります。
現在は、折り詰の弁当やサンドイッチ、お寿司などが多く、勧められたならば断らないのがマナーです。
更に、一口でも口をつけることがマナーとされていますので、全部食べ切れなくても口をつけるようにして下さい。
折り詰などは、持ち帰ることもできますから、法事社の方に尋ねてみてもよいでしょう。
地域によっては、お饅頭やお菓子で、もてなされるところもあります。
このため、通夜の際に『御淋し見舞い』として饅頭や茶菓子を香典と一緒に持参してもよいでしょう。
弔問客が多いと、大変喜ばれるもんです。

故人と対面したい場合は、遺族から申し出を受けてから行いましょう。
以前、参列した法事で、遺族が席を外している間に、勝手に対面しようとしていた弔問客がいました。
法事社のスタッフに止められていましたが、こんな風にデリカシーのない態度は、マナー違反の何ものでもないでしょう。
遺族の思いを考えない行動をとって、白い目で見られないように気をつけましょう。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル