法事のマナー

スポンサードリンク

妊婦の法事参列について

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

法事は、結婚式と違って、予定をたてて行われるものではありません。
場合によっては、参列できるか否かわからないもんです。
仮に参列できなくても、マナーに反しているわけではありません。
特に、女性で妊娠している方は、法事に参列することが、よいのか悩む事でしょう。

年配者には「妊婦は法事に出ないほうがよい」と言う方が多いもんです。
実際に、もしも自分がその立場ならば、縁起が悪い気がして、気が引けてしまうと思います。
昔から「お腹の子をあんな世に連れていかれる」などと言った言い伝えがあり、妊婦さんは法事に行かないのがマナーだといわれているみたいです。
ところが、亡くなった方が身内であれば、大切な子孫の魂を連れていってしまうことなんてしないはずです。

気にしないのが一番よいですが、どうしても気になるのなら鏡を向こう側に向けた状態で腹帯に忍ばせて行けばよいと言われています。
これも迷信ではあるでしょうが、実際に妊婦さんの多くはこのしきたりを守って、参列されているみたいです。

それでも、ご家族が反対しているのならば、参列するのは辞退されてはいかがでしょう。
とりあえず弔電を打ち、後日に自宅へお悔やみに伺ってもマナーに反することはありません。

法事は思っているよりも、疲れやすいものでもありますし、妊婦さんにとってよい状況とはいえません。
妊婦は法事に出てはいけないという話は、妊婦さんの体調を気遣ってできた迷信だという言われもあります。
極度な疲れやストレスは厳禁ですから、体調が優れないのであれば、ご遠慮してはいかがでしょう。
ご遺族も分かってくださるはずです。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル