法事のマナー

スポンサードリンク

接待係・台所係について

こんにちは、「法事のマナー辞典」です。

世話役のなかには、女性ならではのお世話係があります。
台所係といい、台所を預かる係のことです。

自宅で法事が行われる場合は、食事を作らなくてはいけない地域もあるそうです。
法事会社で行う場合は、お茶を出したり、お弁当を準備したりするのです。
その内容から、町内会(特に隣近所)の女性が依頼される事が殆どです。

法事は、昔からのしきたりやマナーが根強く残っているケースが多いもんです。
例としては、自宅法事でいただくお味噌汁。
「お味噌汁の味噌」とか「中に入れる具」など、地域によって全然違います。
良かれと思って準備した材料が、年配者の方に却下されたという話も聞いた事があります。
最初てお手伝いをする時は、先輩方の意見は聞いたほうがよいようです。

そして、お茶や食事をお出しするんですから、清潔感がある身なりでお手伝いをするのがマナーです。
白いエプロンや割烹着は、一着準備しておくとよいでしょう。

接待係は、弔問客にお茶や茶菓子で接待する係を言います。
場合によっては、通夜ぶるまいと言って、お食事を勧められる事もあります。
弔問客は、勧められたならばお断りをしないで、少しでもいいので頂くようにして下さい。
かといって、長居をしていいわけではありません。
折を見て、退出するようにするのです。
その際は、喪家に一言お悔やみを申し上げて退出して下さい。

接待係は、お茶出しをしたならば、終わりではありません。
マナーとして、片付けも責任を持って行うようにして下さい。
スポンサードリンク



【PR】
ヴァーナル肌力ナチュラルバランスダイエットお試しプーアール茶ティーライフ
アクアコラーゲンゲル初回限定ライスパワー化粧品トライアル